Vol.8「観る音楽」ミュージックPV、エトセトラ

こんにちは、ストラダエストの岡村です。

ストラダエストでは商品情報やイベント情報以外にも

定期的にライフスタイルに根付いた様々な情報をお伝えするブログをupしてまいります。

 

本日私岡村がご紹介するのは聴くのはもちろんですが観ても楽しめる

心揺さぶられるミュージックビデオ達。

 

ミシェルゴンドリーやスパイクジョーンズなどの名監督の作品等、

いくつかのMVを独断と偏見にて様々なジャンルからご紹介させて頂きます。

まずはこちらから、

 

 

1.The Chemical Brothers – Star Guitar 

 

ミシェル・ゴンドリー監督の真骨頂ともいうべき名作MV。

こちらのMVを実際に観ると、一見、ただ車窓の映像だけ映っている様にしか見えません。

しかし、MVに映る映像と楽曲の音が見事に合致しており、それに気づいたときは思わず

「かっっこいい~~」と唸りました。

 

2.The Pharcyde – Drop

 

お次は鬼才スパイクジョーンズの名作をご紹介。

ヒップホップ好きなら知らない人はいないであろうファーサイド×スパイク・ジョーンズ

一見YO!YO!な感じの外人のただのpvじゃん?と思われるかもしれませんが

観ていくと、「ん?」となります、、

 

そうです、これ逆回しで撮ってるんです、しかもメイキングみたら一発撮りで!

さらには、逆再生したときにおかしくないように、

逆回しの歌詞も作って、それをファーサイドのメンバーに練習させています。

まさに鬼才ですね。

 

3.Fatboy Slim -Push The Tempo

 

面白いMVと言えば、ファットボーイ・スリム。

音楽を聴いてしまうと、体が勝手に……。

初めて見た時はテンションの高さに爆笑しましたが

表現のための効果的な小道具やテクニックが見事で見入ってしまいます。

何回も見てしまうMVです。

 

 4.OK Go-Obsession

 

毎回ユニークなミュージックビデオで話題を呼ぶ米ロックバンド「OK Go」からこちらを紹介。

ドローンによる一発撮りMVが有名ですがこちらもすごい。

 

「Obsession」のMVは、567台のプリンタから同時に出力する紙で作る“壁”との共演

CGなどは使わず、膨大な枚数の紙を使って5日かけて日本で撮影。

 

あらかじめプログラムしたタイミングでプリンタが次々に出力し、その前でOK Goのメンバーが踊る。

どんだけ苦労したんだろう、、SUGEEEEE-っとなること間違いない作品です。

 

5. Avicii-Levels

 

追悼的に御紹介したい名作。

冴えないサラリーマンが社内で突如踊り始めます。

「ありそうもないこと」「なんだかよくわからないこと」を見るのは楽しいですね。

 

6.UNKLE feat. Thom Yorke – Rabbit In Your Headlights

Radioheadのトム・ヨークをボーカルにフィーチャーした

UNKLEの”Rabbit In Your Headlights”です。

 

とにかくラスト!!ラストまで見終わったときの衝撃といったら、、

トムヨークの声も神懸ってます。

 

4.The Chemical Brothers – Wide Open ft. Beck

最後は単純に曲も映像も物凄く個人的に好みな曲を紹介させて頂きます。

倉庫のような空間で踊る女性がデジタル化していく圧巻のワンカット映像

何より曲が良い!

ヘッドフォンで聴きながら街を歩くと、酔っぱらってつぶれてる大学生さえ美しく見えますw

 

いかがでしたでしょうか?

興味があったら他にも名作は多数あるのでこたつでYOUTUBEなんてのも悪くないですね。

是非ご覧になってみてください。

岡村でした。