mastermind ブランド画像

-mastermind JAPAN 2017AW COMING SOON-

あの伝説が遂に復活

-スカルに魅了される覚悟はあるか-

限定コラボで我々を魅せてくれたmastermind JAPANの 13年ぶりとなるコレクションラインが完全復活。
よりストリート、より洗練された最新コレクションの全貌は近日公開予定。
※最新情報はこちらのページより随時更新していきます。

mastermind JAPANとは

1997年、本間正章と藤田昌洋がマスターマインド・ジャパンを設立し、ファーストコレクションを発表。
本間はヨウジヤマモトの販売、セレクトショップのショップマネージャーを経てブランドをスタートした。
その後、「東京コレクション」に参加。2001年、パリ合同展示会「ESHM」参加。
その後、パリの「TRANOI HOMME」、ラスベガスの「MAGIC」など世界で発表を続ける。
ブランド名の由来は「一つの事に才能が長けている人(mastermind)」+「JAPAN(日本のブランドとして世界の人達が判断できるように)」からで、日本のオリジナリティある技術やマスターとよばれる職人の方々と共に、世界に日本のスーパー・ハイクオリティを
認知してもらおうという志を表明したものでもある。



-”遊び”をもつラグジュアリー-

マスターマインド・ジャパンのコレクションには、テーラード要素も含まれるが、どちらかというとカジュアル色が強い。
リアルクローズで、その中に「遊び」の要素があり、ところどころにユニークな施しがしてある。
ストリートブランドとしてカテゴライズがされることもあるが、本質的にはそうではなく、本来はラグジュアリーな素材を遊び感覚で着こなし、心に愛と平和を秘める大人の服と提案している。


mastermind JAPAN特徴

「LOVE & PEACE」を掲げ、「The Best」を目指す贅沢なカジュアルコレクションが特徴。
シーズン毎にテーマはあるものの、最たるブランドのアイデンティティは素材の良さ、作り込みにあり、そのコレクションは時を隔てても古く感じない。
丁寧な刺繍、デニムを含めた生地と日本の伝統技術、ハイテクノロジーを活かした最高品質の素材が使用されている。
スカル(骸骨)をトレンドマークとして掲げ、現在ではそのモチーフはあまりにも有名となった。