TATRAS FROM POLAND

TATRASのダウンがどこで作られているか、知っていますか?
TATRASのクリエーションは日本とイタリア、
そしてものづくりをポーランドの工場で職人の手により丁寧に作られています。
2006年にブランドが始まってから、タトラスのダウンはポーランドの緑豊かな地で作られ続けており、
今もなお、世界に届けられるTATRASがここで生まれています。

ポーランドの街から車で約1時間の場所にあるデザインスタジオ。 こちらのデザインスタジオにてプロダクトモデル(サンプル)が生まれています。

TATRAS 2017AW

スタジオは自然の光に包まれた場所にあり、
都会的・開放感のある雰囲気は上質なダウンを作るのに最適な環境。


TATRASのダウンは一般的な衣服と同じく裁断から始まり、パーツごとにダウンを入れ、縫製するという段階を経て完成します。
1着のダウンができるまでかかる時間は、約2日。
特に光沢のあるものやMIMOSA、POPENAなどの薄い素材を使用したモデルは更に長い時間をかけて完成します。

TATRAS 2017AW



実は人間の手でしか行なわれていない工程があります。
それは、腕や身頃部分など、パーツごとにダウンを入れる作業。
ダウンは仕入れたばかりの上質なポーランド産。
どの部分も均等にダウンが行き渡るように、着た人の見栄えと着心地を左右する大事な工程です。
ダウンの分量の調整はもちろん、繊細な素材を扱うため職人にしか扱うことが出来ません。

また、複雑なデザインの細かいステッチにもこだわりが詰まっています。
着たときに感じるあの引き締まったタイトなシルエットは、両サイドの細かなステッチによる独自のジャバラ構造(山折りと谷折りの繰り返し)。
見る人をうっとりさせるような洗練された印象を与えるのも、豊富な経験を持った職人の技術とあたたかさによるものなのです。


TATRAS 2017AW



大自然育ちのTATRASにつまった職人の思いを、是非体感してください。