saskia_logo   saskia_profile   
  
ドイツ人デザイナー、サスキア・ディーズは2007年にジュエリーブランド   
”Saskia Diez”を立ち上げて以来、ドイツのミュンヘンをベースに   
地元の熟練ジュエリー職人達と共にジュエリーを作り続けています。

彼女のコレクションは、どれも古き良きジュエリーデザインを愛し、そこにある美しさや手法を大事にしながらも
コンテンポラリーなツイストを加えることでさらに美しく斬新なものとして生み出されています。  
サスキアが作るジュエリーは、サスキア自身がつけたいと思うものをデザインし、  
身につけられた時にこそ最も美しく、またつける人それぞれに華やかさや強さを与えてくれます。   
  
彼女のジュエリーに使われているシルバーやゴールドは主にリサイクルされたものを使用するなど   
エシカルな面にも配慮されています。   
昨年は日本の有田焼とコラボしたジュエリーを発売し、多大なる評価を得ています。   
また最近ではサングラスやバッグ、香水なども展開しており、ますます今後の活躍が期待されるデザイナーの一人です。
  

サスキア_その1   

サスキア_interview   

Q1. ブランドをはじめようと思ったきっかけは?

  
もともとプロダクトデザインを勉強し、企業デザイナーとして働いていました。   
2006年に車会社のボルボの「女性とスポーツ」をテーマにしたコンペティションがあり、   
そこにアロイ(ミックスメタル)を使用した作品を出展したんです。   
とても重いものだったのですが、「エクササイズのための重りでもありながら、ジュエリーとしてもつけられる」   
という奇抜なアイディアとデザインが注目を浴び、間も無くしてアメリカや日本など3つのクライアントからオファーを受けたことがきっかけでジュエリーデザイナーとして独立しようと決めました。   
  
  
サスキア_ボルボデザイン   
SASKIA DIEZ独立のきっかけとなった、ミックスメタルを使用したジュエリー   
  
  
  

Q2.初期と今のコレクションで変わったことはありますか?

  
もちろんあります。今は昔と違い色々なマテリアルやスタイルを用い、バリエーションにも富んでいます。     
常に何かを模索していますし、今あるものを継続しつつも新しいことに挑戦しています。   
例えばジュエリーのつけ方であったり、イヤーカフというアイテムそのもの、新しい素材、違うコンセプトなど。   
その反対に、すでにあるものをどうやって自分らしく変えていくかということも考えます。ジュエリーの長さをかえてみたり、素材をかえてみたりとか。   
  
ひとつのデザインから様々に派生している場合もあります。   
根があってそこからひろがっていく木や枝のようなイメージで、何年も前に作ったオリジナルのデザインがそれによって再注目されたりもします。   
自分の中でボーダーラインがあり、それまではどこまで元のデザインを変えられるか、素材をどこまで軽くできるかなどといったオプションも考えています。   
様々な見解や媒体を取り入れ、試してみることが好きで、2013年には「視覚に訴えない宝飾」というコンセプトのもと   
調香師のGeza Schönとのコラボでシルバー、ゴールドの2つのパフュームを展開しました。   
香水も私にとっては体に付ける、という意味でジュエリーの一つなのです。   
香りは目にみえないジュエリーのようなものですから。   
  
  

Q3.デザインする上でのこだわりは?

  
私のジュエリーをつけてくれる人がどのように感じるかです。   
  
  
サスキア_その2   
  

Q4.SASKIA DIEZのアクセサリーにはどんなスタイリングがお勧めですか?

  
行き過ぎた感じはあまり好きじゃないです。   
洋服が華やかなときは、ひとつだけシンプルなイヤーカフをつけるとか、   
シンプルな装いのときはあえてクレイジーなくらいに重ね付けをしてみるなど、バランスが大事ですね。   
  
  
  saskia_logo   
  
  

Q5.ブランドロゴのインスピレーションは?

  
実はこれにはとても実用的な背景があります!   
前述したコンペティションにてクライアントからのオーダーが早々に入ったため、急遽ブランドネームやパッケージが必要になりました。   
そこでブランドネームは私の名前、そしてブランドロゴも使用した3つのカットの中のひとつ、ダイアモンドカットをモチーフにしたものと決めました。   
  
このダイヤモンドカットのマークはジュエリーにも刻印されています。   
  
  
サスキア_その3   
  

Q6.好きなファッション/ブランドは何ですか?

  
サカイが好きです。今回の来日で、サカイのMA-1ジャケットを買いました。   
あとはクリスチャンバイナンス、シューズはイザベルマランがお気に入り。   
昔からの手法を現代的に活かしているデザインが好きです。   
  
  

Q7.将来の展望は?

  
もっといろんなところに目を向けて生きたいと思っています。   
実は今、2つの違うプロジェクトを進行しています。それによって、いろんな人にリーチできるようにしていきたいというのが今の展望です。     
  
  

Q8.日常の生活で心がけていることはありますか?

  
日々の生活の基盤を大切にしています。 私には3人の子供がいますが、彼らが常にはその枠の中心にいます。   
また一緒に働いている人や友人たち、子供たちに愛や感謝を伝えるよう心がけています。   
  
  
サスキア_その4   
  
  

Q9.今一番気になっていることは?

  
自分の周りにある環境や、影響を与えているものに目をむけています。   
私は良い環境があるからこそクリエイティブでいられるし、生産性も高められると信じているので   
オフィスや子供たちのことなど身の回りにある物事を大事にしています。   
私たちのチームには2名の母親がいますが、子供たちが病気になったときなどは自宅からノートPCと携帯で仕事をしてもらうなどフレキシブルに仕事ができるようにアレンジしています。   
スタッフは常日頃から忙しく働いてくれているので、時には休暇を取るようにすすめたりします。 休息もとても大切です。    
  
今はジュエリーを梱包する際にプラスチックバッグを使っていますが、今後一切使用せず、何かで代用できないかなどといった環境的な対策にも気を使っています。   
一番大切なことは、小さなことでも自分ができる範囲のことから始めていけばいつかにそれが大きな効果をもたらすいうこと。   
何事に対してもバランスを保っていくことが肝要です。   
  
  
サスキア_その6   
  
  
サスキア_STYLE   
  
saskia組み合わせ#1   
クロスのピアスとイヤーカフの、トライしやすい組み合わせ。   
華奢なデザインが控えめながら芯の強さを感じさせます。   
 
ピアス(SASKIA DIEZ)¥42,000+tax/イヤーカフ(SASKIA DIEZ)¥22,000+tax   
saskia組み合わせ#2   
シンプルなウェアに映える、シルバーでまとめたスタイリング。   
ボリュームのあるフープ・シャープなクリップイヤーカフの異なるシェイプの組み合わせが新鮮。   
 
上イヤーカフ(SASKIA DIEZ)¥8,000+tax   
saskia組み合わせ#3   
SASKIAの来日時プライベートスタイル。   
長さや太さの違うレイヤードがSASKIAの髪型やシンプルなブラックドレスにぴったり。   
 
パールイヤーカフ(SASKIA DIEZ)¥39,000+tax/ワイヤーイヤーカフ(SASKIA DIEZ)¥14,000+tax
     
  
  
サスキアディーズアクセサリ